Entry Navigation

師匠に会いたい!

まっことに遠くへ行ったもんだ

師匠に会いたい!


01.jpg


小山さん…元気でいますか?…私は高知のアホです。
師匠が去って30年が近づいています。
私は可愛い息子を2人授かりました。
たしか小山師匠も子供が2人でしたね
もうかなりの月日たったので孫が何人かいるだろうな。
奥様は元気かいな・・・家族で天狗高原に遊びに行く時に…
あの大家が小山師匠の奥さんの家だ。
なんて、かすかな思い出が…
私には小山師匠の思い出がいっぱいあります。
たから…会いたいです。
もう‥久礼の私のことなど忘れてるだろうけど…
今…私も昔とは随分変わりましたよ。

02.jpg


小山師匠の久礼縄張りを荒らし回した男人も今居ないです。
仕事が無くなり・かなり悩んでたようで・首吊り自殺・・もうあの世に去りました
みんな・悩みあるんだね!

私の師匠は二名電気の小山さん…

まっことに遠くへ行ったもんだ‥けど仕方ないね‥千葉県は生まれ故郷だもん‥
私はなんの役にも立たんかったよ…御免なさいね。

3.jpg


農協前の事務者と、ここ20年は声をかけたことがないよ。
私にとって思い出の守なのに‥
電力の佐野さんは、あの世の鳶となって天国へ飛び去っていきました。
佐野さんの奥さんは頑張っていますよ‥

あの時代の師匠の家や景色は随分変わったよ…

あの有名だった宝の箱に書いていた文字を思い出しました。
た…たしか‥(へた.で.たかい.ざっと.した.デンキや)だったよね―‥。

私の師匠は二名電気の小山さん…

まっことに遠くに行ったもんだ‥
けど仕方ないね‥いつかはみんな生まれ故郷に帰るんだから・・だよね‥
私はなんの役にも立たんかったよ…まっことすまんことです。
自分の事ばかり考えていました。
私は病気持ちだったから…田舎から出られないという気持ちが心の隅にしがみついてたから…
二十歳にかけて大人へ成長‥その年の移り変わりに養育すればその病気も治るチャンスがある‥
私は恵まれました~この年になってもあれ以来・・発作的な病気は無いです‥
大都会に憧れ、はばたきたくて自分のことばから考えていました。
今…思えば‥。

私の師匠はデンキやの小山さん…

まっことに遠くに行ったもんだ‥
けど仕方ないね‥千葉は生まれ故郷だよね‥

hg3.jpg


師匠に教わった技術は‥今はほとんど‥いや、全くしていない。
今は別世界にいるよ。

…何年か前までは独身で一生終わる…なんて言うて、遊んで暮らすのもいいんじゃないかな‥
私にとっては大事な今の仕事‥しかし…他の人たちは認めてくれない。
他の人は皆、遊んでいるからね・・私も一緒に遊んではいるものの、趣味を仕事にしたから‥
しかし、それを認めてくれる人は居ない…
ところが、そんな人でもいい着いてくる娘が現れたんだ。
17歳年下の今の妻(01/6/5書)
当時は24歳の彼女のニックネームはダンプ‥
あのダンプ松本と同じ体付き・同じ格好の明るい彼女に私は生かれちまったんだ。
そして私に可愛いわんぱくな子供が2人恵まれたんだ


05.jpg
関連記事
スポンサーサイト
category
本当の話