大蛇伝説

大蛇伝説の森


花と温泉が楽しめる、大蛇伝説の森。

車で行く

蟠蛇森(ばんだがもり)は、須崎市の北境にそびえる標高769メートルの市内で一番高い山です。

周辺は県立自然公園となっており、四季折々の草花が見られます。

頂上まで自動車道が通じており、展望台からは北に石鎚山を主峰とする四国山脈、眼下には須崎湾と横波三里の雄大な風景が広がっています。

蟠蛇森頂上からの眺め
蟠蛇森には昔大蛇が住んでおり、美しい乙女に化けて人々をまどわかしたという伝説があるそうです。

そんな伝説から蟠蛇森と名付けられたのでしょうか。

また、この付近にはツツジ(4月中旬~5月下旬)、春りんどう(4月下旬~6月上旬)、秋りんどう(10月下旬~11月中旬)が咲きます。

春や秋には、ハイキングを楽しむと気持ちいいですよ~。

蟠蛇森のふもとには、天然源泉風呂!レトロな外観の桑田山(そうだやま)温泉があります。

この温泉は、昔、弘法大師が見つけ出し効能を村人に伝えたと言われています。



sekitori.gif
スポンサーサイト
category
本当の話

Comment